コースガイド

マンギラオゴルフクラブは1992年、常夏の島グアムの東海岸、太平洋を見渡すマンギラオの地に誕生しました。
コースデザインは、環太平洋を中心にハワイ島のマウナラニなど数々の名作を生んだ名匠ロビンネルソン。
マンギラオの地にしかない海岸線の美しさと地形のダイナミズム、風の向きと強さ、光の角度すべてをたくみに生かし、 彼がデザインしたコースの中でも、指折りの美しさと戦略性をもつコースです。
コース全体図

アウトコース(NO.7,NO.5,NO.4 空撮)

庭園風の美しさを持ちながら、3つの大きな池を中心に展開するフェアウェイ。 見攻め易そうではあるが、海風、太陽の光りによって微妙に変化する距離感。
巧みなレイアウトと美しさの中にもコースデザイナーのロビンネルソンの計算され尽くされた戦略性が伺えます。

インコース(NO.18,NO.10 空撮)

ジャングルと荒波に囲まれた別世界。2つの海越えホール、風を惑わすジャングルの壁、うねるフェアウェー。
まさに「自然との戦い」といったスリリングなゴルフを体験できます。
コバルトブルーの太平洋、深緑のジャングル、そして、鮮やかなグリーンのフェアウェイの織り成すコントラストもお楽しみ下さい。 

距離表示

各ホールの距離表示は、グリーン中心からティーグランドに埋め込んである距離表示板までの距離を測定したものです。 グリーン中心までの残り距離は、各フェアウェイ中央に埋め込んである丸いプレートおよびラフエリアのラッテストーン形の距離表示をご覧下さい。 赤-100ヤード、白-150ヤード、青-200ヤード

ローカルルール

5番、6番、7番、8番ホールの池にボールが入った場合は、”ラテラル・ウォータハザード”として処理して下さい。
2番、3番、6番、11番、13番、14番ホールにある排水池(石張り)にボールが入った場合は、人工の構造物として処理してください。

カートの運転

運転は自動車免許をお持ちの方にお願いします。
カートはカート道路のみに運行し、それ以外の場所には乗り入れないで下さい。
下り坂や雨の後などでは十分減速し安全運転をお願いいたします。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18

Hole1 PAR4

距離の短いやや右ドックレッグのミドルホール。広いフェアウェイ、傾斜のないフラットなレイアウト、バンカーは中間地点の左右とグリーンを囲むようにの右左奥の3ヶ所に配置。グリーンは手前から奥に逆目。
距離の短いやや右ドックレッグのミドルホール。広いフェアウェイ、傾斜のないフラットなレイアウト、バンカーは中間地点の左右とグリーンを囲むようにの右左奥の3ヶ所に配置。

Hole2 PAR4

広いフェアウェイを利用して豪快に飛ばせるミドルホール。2打目からは風向きを計算し、クラブ選択がキーポイントになる。
広いフェアウェイを利用して豪快に飛ばせるミドルホール。2打目からは風向きを計算し、クラブ選択がキーポイントになる。

Hole3 PAR5

比較的距離の短いロングホール。ティーショットでは、左サイドフェアウェーバンカーは、避けたい。2オンチャンスのあるホールだが、グリーンは砲台となっており、奥は傾斜のきつい坂になっているため要注意。
比較的距離の短いロングホール。ティーショットでは、左サイドフェアウェーバンカーは、避けたい。2オンチャンスのあるホールだが、グリーンは砲台となっており、奥は傾斜のきつい坂になっているため要注意。

Hole4 PAR3

グリーン奥に太平洋の大海原が拡がるパー3。グリーンは中央からバンカーに向かって傾斜があり、難しい。大きめに攻めてバンカーに入れると寄せが難しいので、グリーン中央より手前を狙うのが良い。
グリーン奥に太平洋の大海原が拡がるパー3。グリーンは中央からバンカーに向かって傾斜があり、難しい。大きめに攻めてバンカーに入れると寄せが難しいので、グリーン中央より手前を狙うのが良い。

Hole5 PAR4

比較的距離の短いミドルホール。方向性重視のショットが決まれば、残りはショートアイアン。グリーンは右から左に目が利いている。
比較的距離の短いミドルホール。方向性重視のショットが決まれば、残りはショートアイアン。

Hole6 PAR4

左の池を気にし過ぎて右に打ち出すと、2打目地点からグリーンが見えなくなる。グリーンは奥へ順目が利いているので、手前から攻めるのが良い。
左の池を気にし過ぎて右に打ち出すと、2打目地点からグリーンが見えなくなる。グリーンは奥へ早く、手前から攻めるのが良い。

Hole7 PAR4

距離のある難しいミドルホール。アゲインストの強い風が吹くことが多く、低めのティーアップで、フェアウェイ中央をキープしたい。グリーン左手前には深いバンカーがあり、右サイド狙いが安全。
距離のある難しいミドルホール。アゲインストの強い風が吹くことが多く、低めのティーアップで、フェアウェイ中央をキープしたい。グリーン左手前には深いバンカーがあり、右サイド狙いが安全。

Hole8 PAR3

左から右へのサイドウィンドのショートホール。風をどう読むかがポイント。グリーン上は多面的で難しい。
左から右へのサイドウィンドのショートホール。風をどう読むかがポイント。グリーン上は多面的で難しい。

Hole9 PAR5

2 打目からゆるやかな打ち下ろしのロングホール。フェアウェイ右に点在するバンカーには入れないようにしたい。グリーンは奥に速く、手前から攻めるのが良い。
2 打目からゆるやかな打ち下ろしのロングホール。フェアウェイ右に点在するバンカーには入れないようにしたい。グリーンは奥に速く、手前から攻めるのが良い。

Hole10 PAR4

ゆるやかな打ちおろしのミドルホール。全体が左傾斜となっているので右から攻めたいが、ボールが途中で止まり、つま先上がりがきつくなるので、フェアウェイ中央を狙いたい。グリーンはのぼりではあるが奥へ速く、手前から攻めるのが良い。
ゆるやかな打ちおろしのミドルホール。全体が左傾斜となっているので右から攻めたいが、ボールが途中で止まり、つま先上がりがきつくなるので、フェアウェイ中央を狙いたい。グリーンは奥に早く、手前から攻めるのが良い。

Hole11 PAR4

右へドッグレッグの難しいミドルホール。ティーショットの狙い場所は、左側の大きな岩を越す距離で、フェアウェイ中央からカート道路まで。打ち過ぎると右傾斜がきつく2打目が難しくなる。ロングヒッターにはアイアンのティーショットを勧める。
右へドッグレッグの難しいミドルホール。ティーショットの狙い場所は、左側の大きな岩を越す距離で、フェアウェイ中央からカート道路まで。打ち過ぎると右傾斜がきつく2打目が難しくなる。ロングヒッターにはアイアンのティーショットを勧める。

Hole12 PAR3

海越えショートホール。海と風に惑わされることなく、冷静なショットが出来るかどうかがポイント。白ティーからは、見た目より打ち下ろしになっているので要注意。
海越えショートホール。海と風に惑わされることなく、冷静なショットが出来るかどうかがポイント。白ティーからは、見た目より打ち下ろしになっているので要注意。

Hole13 PAR5

海越えのロングホール。2打目は150ヤードを過ぎると左側が比較的広くなっている。右側にある石張り区域とグリーン左奥のバンカーは避けたい。
海越えのロングホール。2打目は150ヤードを過ぎると左側が比較的広くなっている。右側にある石張り区域とグリーン左奥のバンカーは避けたい。

Hole14 PAR4

やや打ち下ろしのミドルホール。ティーグランドが左方向に向いており(白、青ティー)要注意。2打目からはやや打ち上げになり、見た目よりも距離がある。
やや打ち下ろしのミドルホール。ティーグランドが左方向に向いており(白、青ティー)要注意。2打目からはやや打ち上げになり、見た目よりも距離がある。

Hole15 PAR3

ティーグランド上、さほど風を感じなくとも、上空で風の影響を受けることが多く、適確なクラブ選択がポイントとなる。
ティーグランド上、さほど風を感じなくとも、上空で風の影響を受けることが多く、適確なクラブ選択がポイントとなる。

Hole16 PAR4

緩やかな打ち上げのミドルホール。ティーショットは広いフェアウェイを利用し、思い切りの良いショットで距離を出したい。グリーンは全体に右傾斜がきつくピンの左から攻めるのが良い。
緩やかな打ち上げのミドルホール。ティーショットは広いフェアウェイを利用し、思い切りの良いショットで距離を出したい。グリーンは全体に右傾斜がきつくピンの左から攻めるのが良い。

Hole17 PAR5

方向性と距離を必要とするロングホール。グリーン周りが難しく、左は深い2つのバンカー、右は傾斜のきつい砲台となっている。グリーン上もきつい右傾斜のためピン位置より左から攻めるのが良い。
方向性と距離を必要とするロングホール。グリーン周りが難しく、左は深い2つのバンカー、右は傾斜のきつい砲台となっている。グリーン上もきつい右傾斜のためピン位置より左から攻めるのが良い。

Hole18 PAR5

距離の長いミドルホール。全体に左傾斜で、カート道路右はジャングルが続く。左側は傾斜のきつい左下がりの坂がグリーンまで続く。グリーンは縦長で大きいが、オーバーするとOBなので要注意。
距離の長いミドルホール。全体に左傾斜で、カート道路右はジャングルが続く。左側は傾斜のきつい左下がりの坂がグリーンまで続く。グリーンは縦長で大きいが、オーバーするとOBなので要注意。

Hole19 PAR3

特設ホールとして造られたショートホール。(通常このホールは使用していません。)グリーン左側は高さのある砲台形状で難しい。素直に手前から攻めるのが良い。
特設ホールとして造られたショートホール。(通常このホールは使用していません。)グリーン左側は高さのある砲台形状で難しい。素直に手前から攻めるのが良い。

アウトコース

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Out
トーナメントティー
(BLACK)
342 402 513 167 367 436 433 179 562 3401
バックティー
(BLUE)
319 374 478 162 359 396 414 173 543 3218
レギュラーティー
(WHITE)
294 346 444 136 327 369 374 161 515 2966
レディースティー
(RED)
243 293 414 111 275 321 322 147 450 2576
Par 4 4 5 3 4 4 4 3 5 36
Handicap 17 5 15 7 11 3 1 9 13  

インコース

Hole 10 11 12 13 14 15 16 17 18 In Total
トーナメントティー
(BLACK)
399 377 188 515 418 168 425 527 475 3503 6904
バックティー
(BLUE)
387 353 184 498 407 160 417 509 467 3382 6600
レギュラーティー
(WHITE)
352 333 164 466 382 139 367 469 427 3099 6065
レディースティー
(RED)
307 277 92 390 260 122 277 416 321 2462 5038
Par 4 4 3 5 4 3 4 5 4 36 72
Handicap 18 12 8 10 14 16 6 4 2    

コースデザイナー

設計は名匠ロビン・ネルソン。マンギラオの海岸線の美しさと地形のダイナミズム。そして、海風と光が巧みに生かされている。

AUDUBON Nelson&Haworth
  • マンギラオXタロフォフォ 2日間2ラウンドプラン
  • 世界のトップ100コースにランクイン!マンギラオゴルフクラブ!
  • ゴルフでのご宿泊の際には、オンワードビーチリゾート!
  • 世界のトップ100コースにランクイン!マンギラオゴルフクラブ!
  • ゴルフのスタートコースには最適!タラフォフォゴルフクラブ!
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

ページの先頭へ